弁護士の妻には、カラコンを韓国で買ってきて貰うってシチュも無さそうです。

学生時代の元彼が弁護士になったみたい。
逃した魚は大きいね!なんて友達連中からlineが入ったんだけど、
正直全然そんな事思わなかったです。
弁護士って結婚相手に求める職業として確かに人気は高いけど、
実際に結婚してみて思うのは、職業よりも性格とかの生活面での相性が大事だと言う事。
私の旦那様は普通のサラリーマンで、しかも単身赴任中だけど、
私の愛用カラコンを韓国で見付けたと言って、
帰国の度に忘れずに買ってきてくれる優しい人で幸せです。