杉並区に注文住宅を建てるのが夢

法曹界を目指してロースクールに通う甥っ子は、杉並育ちで今は足立区民です。
将来の夢は杉並区に注文住宅を建てることらしく、今は必死に勉強を頑張るんだそうです。
なぜ杉並区なのかというと、自分の通った幼稚園や小学校、周りの環境がとてもよかったので、
自分が家族を持つことになれば、自分と同じように育てたいと
強く思うようになったといっていました。
ご両親は自然の多い田舎に家を建てて悠々自適な生活、どちらも素敵ですね。

サーフィンスクールを湘南近辺で探していたら

サーフィンスクールを湘南で探していたら、弁護士の人と出会いました。
最近では弁護士の人だけでなく、検察に勤めている人にもサーフィンを始める人が多く、
現場でいろいろな法律の話や裁判の話になることもあるそうです。
検察と弁護士は法廷では敵味方に分かれて争う同士なので
基本的に仲が悪いのかと思っていたのですが、
両方とも司法試験に合格するまでは同じように勉強し、
同じ試験を受けるので、考え方も似ていることが多く、
他の人に比べて話が合うとのことです。
中には同じ大学で勉強した人が弁護士と検察に分かれることも珍しくなく、
サーフィンスクールなどでまた一緒に勉強するといったこともあるようで、
法曹界に身を置く者同士で切磋琢磨しているのですね。

水道屋さんの求人を教えてあげた

水道屋さんの求人には、会社の法務部の求人もあります。
法曹といえば弁護士や裁判官など、法曹界の仕事をイメージしがちですが、
最近は企業も弁護士資格を持った人を雇うことが多くなりました。
その理由は、自前で法曹を用意しておいた方が機動的に法的トラブルへの対処が可能ですし、
そのようなトラブルを未然に回避するための企画をたてる際にも
貴重な意見を求めることが可能だからです。
また、企業は日々、顧客からのクレームに対処しなければならず、
それに対しての法的な知見はとても役に立つからです。
もちろん顧問弁護士を利用する選択もありますが、
顧問契約には費用がかかり、雇用する場合よりも高くつきます。
そのため、企業は弁護士を直接雇用することが多くなっているのです。

弁護士事務所のトイレがつまり

勤めていた弁護士事務所のトイレが詰まり、ビルのオーナーと揉めたことが有ります。
法律的にはトイレは共用部分であるので、
そのメンテナンスはオーナーの責任となるものですが、
そのオーナーは実際に詰まらせたのは弁護士事務所の人間だから
弁護士事務所で修理代を負担するべきとの一点張りでした。
この場合、法律的には故意に詰まらせたのではない限り管理責任はオーナーに有る筈ですが、
事務所を借りている手前、これで揉めて
次回の賃貸契約が更新できないと大変なことになるため、事務所で負担しました。
法曹界に居る立場としては非常に難しい判断でしたが、やはり背に腹は代えられぬ、
といったところでしょうか。
やはり日本では賃貸の場合貸主がどうしても強いようです。
貸事務所のトイレつまりには要注意です。

役所の書類保管はどのようにしているのか

弁護士になるために勉強している人は全国に何人いると思いますか?
平成26年の司法試験の出願者数は約1万人でした。
おそらく出願しない人もいると思いますが、思ったより少ないと思う人もいるかもしれませんね。
うち東京都の出願者数は約5000人ということでした。
さて、この中で合格者が何人いるのがということですが、
法務省のHPでいつも確認することができます。
ネットでデータが確認できるのは便利ですね。
そういえば役所の書類保管はどのようにしているのか気になりませんか?

弁護士の妻には、カラコンを韓国で買ってきて貰うってシチュも無さそうです。

学生時代の元彼が弁護士になったみたい。
逃した魚は大きいね!なんて友達連中からlineが入ったんだけど、
正直全然そんな事思わなかったです。
弁護士って結婚相手に求める職業として確かに人気は高いけど、
実際に結婚してみて思うのは、職業よりも性格とかの生活面での相性が大事だと言う事。
私の旦那様は普通のサラリーマンで、しかも単身赴任中だけど、
私の愛用カラコンを韓国で見付けたと言って、
帰国の度に忘れずに買ってきてくれる優しい人で幸せです。

法曹界の話は立川市が鍵

法曹界という言葉はあまり一般的ではありませんが、
法曹とは通常、弁護士、検事・裁判官のことを指すと考えられています。
この法曹とは何かという説明を立川の弁護士事務所の弁護士の先生が解説しています。
とてもわかりやすいのでぜひチェックしてください。
法曹界の話は立川市が鍵、というと大げさかもしれませんが、
いままでこれほど専門用語をわかりやすく解説している人がいなかったので
感動したというわけです。

パーテーションをレンタルした理由は

弁護士事務所はいろんな境遇の方が集まるため、個人情報の保護は徹底しています。
特に顧客同士がなるべく顔を合わせないように個室が多く、
廊下もパーテーションで区切られており、顔を合わせなくても済むようになっていたり、
最新の注意がはらわれています。
時に出張相談を受ける際もパーテーションをレンタルして対応することが多いそうで、
理由としては上記のように、簡易的でも個人のプライバシーを守る配慮からです。

武蔵小杉の賃貸を事務所で利用するには

マンションを居住以外で利用するにはオーナーの許可を得なければならないところが多く、
事務所兼自宅となると分譲マンションでないと厳しいという話をよく聞きます。
意外と弁護士事務所が賃貸マンション内で開業するというケースが少ないらしく、
事務所探しに苦労するらしいです。
その中で駅前の一等地、武蔵小杉の賃貸マンションで「事務所可」
という文字を見つけた友人はその日に申し込み、
見事事務所のスペースを手に入れたとのこと。ラッキーでしたね。
空いたその日に申し込んだそうです。

日本では自動販売機設置、米では弁護士。

フェルミ推定という思考方法があります。
数年前「地頭力」という本で紹介され有名になった感がありますが、
昨今では広まりすぎて思考の浅い中二レベルでも使われている感があって、
人前で使うのに微妙に懸念していたり、していないかったりですが、
フェルミ推定に限らず、流行や文化など多くのものがトップダウン式に広がります。
鞠つきなど最初は貴族の遊びだったものが、
江戸時代には一般社会でいくらも見れる光景になったように。
少し様相は違いますが、石を投げれば日本では自販機、
米では弁護士といわれ、自動販売機設置数は日本で凄まじい数があります。
現在少数の日本の弁護士も時代が進めば
弁護士で溢れるようになったりするのでしょうか。

貸しスペースは渋谷で

四谷にある弁護士事務所に用があり、昨日伺ったのですが、
弁護士の先生が貸しスペースを渋谷で探しており
なかなか良いところが見つからなくて困っているそうです。
なんでも学生を集めて講義と勉強会を数回行う予定だそうで、
事務所だとおさまらないとのこと。
学生から少しずつお金を集めて会場の費用を賄うそうなので、
あまり高いところは難しいし。
区営のところや大学などは予定がいっぱいだそうで。
何か協力できないか知恵を絞ってみることにします。

望みの職業についたのに、給湯器でお茶ばかりいれていると思っても。

ドラマや映画ばかり見ていると、どの世界に入ってもそうですが、
現実にその世界で働きだすと理想とのギャップに挫折しがちです。
そんな、フィクションと現実の区別もつかない馬鹿な人は少ないだろうと、
思うかもしれませんが、実は多い。
それはなぜかというと、ドラマをそのものと受け止めているからではなくて、
人の脳内で想像が膨らむから。
人は想像する生き物、良いことと悪いことを想像するから様々な状況に対応できるのです。
これが良いことだけを想像しすぎて裏目にでるんですね。
仮に、せっかく望みの職業についたのに、給湯器でお茶ばかりいれていると思っても、
すぐ諦めるのでなく、その現場で想像をもっと働かせることをお勧めします。

古物市場のメリット・デメリット

古物市場には盗品が出回っているという話を聞いたことがありますが、
昨日のニュースで、盗まれたものを古物市場で発見し、
持ち込んだ人から話を聴いているという話がタイムリーにありました。
古物市場では魅力的な商品が安く買えるというメリットがありますが、
盗品や模造品をつかまされるというデメリットもあるということですね。
仕入れるのは目利きでしょうからめったに起こらないと思いますが、
訴訟や事件に発展しないとはいいきれないので自己責任でということですね。

パチンコの販促に必要なこと

パチンコホールの営業についてはいわゆる風営法が関わってきます。
地域の善良な風俗と正常な風俗環境を保持するように
営業許可や店舗の所在地、構造設備、営業時間など規制があるのです。
法律だけでなく条例もあります。
またパチンコの販促についても「射幸心をあおる」ような文言を避け、
生活の破たんを招かない範囲で遊びましょうという訴えかけもしているようです。
逆に言うと今まではパチンコにより破たんした人々が多かったというのがあるのでしょうね。